読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロにツバサ属

日々感じたことを とりとめもなく

元旦

1日の過ごし方は毎年同じなわが家。

前に一度だけ旅行に行ったことがあるけど、何となく落ち着かなかったことは覚えています(笑)

 

今年の1日は朝というか昼というかブランチで、ゆっくり始まりました。

f:id:sundolphin171:20170102070553j:image

お雑煮は白味噌で、毎年夫が作ります。

 

お正月料理をいただいて寛いでいると、夫からニュース。

星座 × 干支 × 血液型 の、570通りの占いの一位が私だという話。

「2017年最強運勢占いランキング」 1位から576位までを発表 - Peachy - ライブドアニュース

どれどれ…👀…ほんまや😅

 

もしかして570年に一度あるかないか?

それってすごくない?

天にも上るほど調子に乗って、むしろ悪いことが起きそうな感じするけど?(笑)

 

夫は560番代ということなので、今のところ運命共同体の我々は、足して割るとちょうどいい加減なのね😌と落ち着きを取り戻しました(笑)

 

お昼過ぎからは氏神さんへ初詣⛩

f:id:sundolphin171:20170102071823j:image

神主さんが同級生です。

土地の縁に感謝し、土地の皆の幸せを祈りました。

しばらくおみくじはひいてなかったのですが、今年は久しぶりの運だめし。

おみくじは吉。ホっとしました(笑)

 

神社を後にし、次に向かうはご先祖のお墓。

向かう道中、ふと、子どもはありがたく健康で、夫との関係も良く、極貧生活を強いられているわけでなく、両親も健在で、一片の曇りのない自由で落ち着いた心でいられている今というのは、本当に何より最高の時間なんだろうと思いました。

 

お墓をみんなで丁寧に草むしりをしたり、しっかりと洗いあげて、お線香に火を灯しました。

このお線香の香りが昔からの心落ち着くお正月の匂いとして、自由な境地へと誘う導線になっています。

 

お墓参りを終えて、元旦のメインディッシュである夫の実家へ。

わが家は黒門で仕入れた蟹を差し入れしました🦀🦀🦀

 

ちなみに私は蟹アレルギーです。いつも死ぬ気で食べます。

かかりつけ医には遺書を書いておくように言われています(笑)

遺書を書くほど大層なことは何もないので、家の権利書や保険証券の在り処を知らせ、姉妹仲良く、家族仲良くして下さいと遺言を伝えました。

昨日は食後に苦しみでのたうちまわるということがなく、幸いでした。

 

家へ帰ると体重は2kgほど増えていました。