読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロにツバサ属

日々感じたことを とりとめもなく

間 寛平さん

昨日の話。

午前中の英語サークルから場所を移動して、食事会が始まるまでの間に、携帯チェック。そして唐突に

「私、寛平ちゃんが好きなんです」

隣と向かいの席の人に告白すると、案の定 笑われたが、最後まで私の話に耳を傾けて聞いてくださった。

「どこがええのん? マラソンで好きになったとか?そうじゃなくて?」

もちろん マラソンのことがあって、よりリスペクトするようにはなったんだけど、そうじゃない(笑)

「寛平ちゃんは、人の悪口は絶対に言わないんです。でも いつもニコニコされていて。そういう所がすごいな〜と。憧れています。」

大真面目にそういうと、

「そうなんだ。そうよね〜。人は外見じゃないよね〜。中身だよねえ。」

アバタもエクボなのか、外見が悪いとは思っていない(笑)。

むしろカッコイイとさえ思っている(笑)けど、あえてそこはスルーした。

笑われたり、こちらの想いを捻じ曲げられて終わることが、これまでのやりとりの中で予想出来る場所では話せない。

でも、どんな話でも真剣に耳を傾けてくださるここのメンバーだから言えたし、言えて嬉しかった。

 

何故 唐突にそんな話をしたかと言うと

昨日ツイッターで寛平ちゃんが、いつにも増して意味のわからない朝の模様を呟かれていたので、堪えられずにツッコミを入れてしまったのだけど、それに対してありがとうの言葉が返ってきて、嬉しかったから。

 

昨日は話し出すキッカケになる出来事と、話せる場がたまたま合致した珍しいケースだった。

こうして自己開示をしていくことは、自己肯定感を高めるのにも、人とのコミュニケーションを育んでいくにも、とても有益な方法の一つである。